どのようにしてお金を貯めるの?

スズメの涙・・・

スズメの涙・・・

 

まるでスズメの涙・・・。

 

「いったい何の話?」と言われたら、「銀行預金の利息」のことです。
普通預金に100万円預けていても、それに対する利息は、年間160円です!
それでもあるだけ良いと思わなければならないのでしょうね・・・。話題の
「マイナス金利」下では、この先逆に損ずる事だって考えられるでしょう?

 

給与が銀行振り込みになって久しいです。 おかげさまで給与が入っても銀行
に預けっぱなしで、預金通帳の記帳さえも「マイナス家計にならなければよい」
と滞りがち・・・。そんな生活を30年近く続けてきました。天引きで投資信託
や持ち株等、それなりに老後資金の準備はしています。実際にはそれも全部金
融機関任せです。年数回、送られてくる報告書を「見る」程度です。

 

マスコミの「マイナス金利」の連呼に、我が家の資産はどういう状態なのか
さすがに心配になってきて、調べ様という気持ちになりました。

 

まずは銀行預金、いったいどの金融機関にどのくらいのお金が預けてあるのか
そこからです。滞った預金通帳の記帳を終えてその利息額に驚嘆です。
「利子0,01パーセント!」

 

以前利息が良いからと薦められるまま続けている「財形貯蓄」はどうなのかと、
こちらも調べてみれば、右肩下がりになっています。一年前の4分の1にもな
りません。預けた金額は増加しているにも関わらずです・・・。

 

マイナス金利下では、そのうちに元本さえ保証されなくなってしまうような気
がしてきました。(個人の預金については無いとは言っているようですが・・・)

 

給与は会社のシステムだからしょうがないにしても、それ以外の金融商品につ
いては何も銀行に預けておく義理は無いわけです。いっそのことすべておろし
て金でも買いましょうか?それとも外貨預金にでもしましょうか?

 

では、マイナス金利で得なのは何なのでしょうか?
ローン?

 

確かにローンは利子が少なくなってお得でしょう。でも我が家はとっくに住宅
ローンを払い終わっていますし、自家用車も現金で購入したので、恩恵はあり
ません。
金利3.3パーセントで住宅ローンを組んで、それでもその時代は「この先もっ
と金利が上がる」と恐れたくらいです。
もう何とも言えません・・・。